読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とやバイク(仮)

VTR-F(250cc)に乗っています。

城ヶ島まで行ってきた&やっと1,000km超えた

GW中2回目の日帰りツーリングをしてきました。いろいろな実績解除ができました。

早起き→ツーリング

普通二輪免許を取ってから2年が経とうとしていますが、これまでに(教習を除いて)早起きして乗りに出たことはありませんでした。というのも非常に早起きが苦手でして、幼稚園の頃からの筋金入りなもので、いろいろな人や雑誌に「早起きすると気温が上がりすぎないし明るい時間をフルに使えるし道路混まないし便利」という話をされていたにもかかわらず、起きられないのと起きてもぼーっとしているのとでチャレンジする気力が湧かなかったのです。

しかし、今年のゴールデンウィークは「普段あんまりしないことをする」をテーマに過ごしていたこともあり、無理しない範囲でやってみることにしました。とはいっても、起きて「これは無理だから二度寝しよう」となってしまってはまずいので(自分の起きる力を一切信用していない)、日の出から約1時間ほど経った5:45頃に起床、血糖値を上げるためのおやつを胃に押し込み、身支度をして6:45頃に走り出しました。早朝を極めるなら日の出のちょっと前、空が明るみ始めた頃がよいらしいのですが、それはまた今度……。

帰ってきたのが10:45頃だったので、下車した時間も含め4時間ほど出かけていたことになります。都内は朝とはいえ割と車が出ていたし(そんなに早くないから当然か)、帰りは気温がだいぶ上昇していたようだったので、朝走るメリットを体感しきった感じではありませんでしたが、「早起きするとライダー的にいいことがあるぞ」という体験を得られてよかったです。

「先っぽ」に行った

f:id:toya:20160509220226j:plain:w400

ライダーは先っぽ(半島の岬など)が好き、というのはバイク雑誌などにおける定説です。初日の出を見に犬吠埼に行くとか。これまで長距離を走れていないということは岬も未体験だったわけですが、一応三浦半島の南端にある島である城ヶ島には入ったぞ、ということでクリア。灯台まで行くかなーと思いつつ、結構暑くて、ちょこっと港を散歩するくらいに留めました。

f:id:toya:20160509220143j:plain:w400

島内に入って最初にあった大きな駐車場のバイクスペース。とりあえず停めなければ!と思って必死こいて停めた。もっと奥にも駐車場があったので焦ることはなかった……。

f:id:toya:20160509220253j:plain:w400

停めたところ。港とか島とかそういうものが写っていない。

f:id:toya:20160509220154j:plain:w400
f:id:toya:20160509220213j:plain:w400

おお城ヶ島だーと思って撮った案内板だったけど、結構あちこちにあった。

f:id:toya:20160509220236j:plain:w400

城ヶ島っぽさを撮ろうと思って撮った城ヶ島大橋。

城ケ島大橋について - 神奈川県ホームページ
渡橋料等について - 神奈川県ホームページ

通行料金は軽自動車扱いで50円(入るときに支払い、帰りはそのまま出られる)。知ってはいましたがETCはなく、料金所にいたおばちゃんに手渡しです。これまた知ってはいたけどグローブをとってポケットに仕込んでおいた小銭を取り出して渡してまたグローブをはめて、ってもたもたやっているとめっちゃ焦りますね。おばちゃんが「大丈夫よ、後ろいま誰もいないよ」と言ってくれてやさしさが身にしみました。

f:id:toya:20160509220245j:plain:w400

海っぽいものを見ようとしていたらいけすを発見。9時台だったのに結構お客さんがいました。でも周辺の飲食店やお土産屋さんは残念ながら開店前が多くてお買い物はせず。

J’sフィッシング(j’s-fishing) | 城ヶ島 海上 イケス 釣堀

通行量がそんなに多くない一般道をのんびり楽しむ

県道209号や国道134号など、あんまり車がいないかいてもそんなに飛ばさない道を楽しく走りました。海沿いとか、山道とか。都内を走る時は楽しみというよりはとにかく経験値を積むことしか考えておらず、他の車が多いので流れに乗るとか円滑な移動のことばかりを意識しているだけに、風景を見て楽しいなーという気持ちで走れて新鮮でした。

オドメーターが1,000km超えた

やっと。ついに。城ヶ島を出るときに996kmかなんかで、134号線の上で1,000km達成。4桁遠かったなぁ。

立ちゴケ(?)した

新車購入後1年半で外装慣らし(◞‸◟)

走る前の点検でエンジンオイルを毎回まじめに見ていたんですが、車体をまっすぐにしようとしてバランスを崩し、そのままゆっくり右側にがしゃんと。ここは慣れない早起きが響いたかもなーと思ったところでした。最初に教習所で習った通りに起こそうとして動かず、誰かに助けを求めるかどうしようか一瞬ぐるぐる考えて、ハンドルを両手で持って腰で起こす方法にしたら起こせてほっとしました……。キルスイッチとサイドスタンド、ちゃんと確認するの思い出せてよかった。

右前ウインカー、右グリップエンド、右スライダーの端っこ、マフラーの細いところから太いところに向かうところのあたり(メンテの本で探したけど名称がわからなかった)あたりに擦り傷ができていて、外装では他に異常はなく、しばらく走って異音や変わった様子もなく、という感じだったので一応大丈夫そう。車体を倒したときに右足をはさんでしまって、教習以来久しぶりに青あざを作りました。1,000km超えしたこともあるしオイル交換兼ねてお店に持っていくかなー……。


今週のお題ゴールデンウィーク2016」

横浜横須賀道路を通ってうみかぜ公園(横須賀市)へプチツーリング

第三京浜(玉川料金所)→横浜新道→横浜横須賀道路(馬堀海岸)、と始点から終点への旅をしてきました。走行距離130kmで過去最高です。免許取って2年経とうとしているのにまだこれだけなのでだいぶペースが遅いのですが……。

f:id:toya:20160502222027j:plain:w450
VTR-Fとようじょ。なるべく写し込みたくなかったのですがどうしてもどいてくれなかった(しょうがない)ので、顔が向こうを向いた瞬間にぱしゃっと。

横浜横須賀道路 - Wikipedia

横浜横須賀道路(通称「横横」)は、私が四輪の運転免許を取ったときに高速教習で走った道路でした。当時は佐原ICが終点で、佐原ICで運転者を交代した覚えがあります。だいぶ昔だからというのもありますが緊張しすぎていてあんまり記憶がない。

その佐原ICを通過して、馬堀海岸ICまで、玉川料金所からぶっ通しで走りました。いまいち走れるか自信がなかったので、久しぶりに第三京浜だけは行って戻ってこよう、もし気が向いたらその先まで行こう、と弱気な計画(?)を立てておいたのですが、いざ第三京浜に乗ってみたら混雑がなかったこともあってすんなり保土ヶ谷ICまで到達してしまい、思い切って横横まで行ってみることに。とはいえ横浜新道のあたりを走っているときは脳内で \いけるいける/と自らを鼓舞しておりました。加えて「出口で降りるよりはまっすぐ行く方が比較的心境としては楽」というさらに弱気な動機も。

小さい頃に親の車であちこち走っていたこともあり、日野や釜利谷や朝比奈など見覚えがある地名の中を走るのは予想していたよりは楽でした。途中で実家最寄り(?)の朝比奈ICで降りてみるか迷ったものの、そういえば今日はゴールデンウィークだった、ゴールデンウィークといえば鎌倉霊園あたりがむちゃくちゃ混むんだった、とかつての記憶を取り戻して通過。その後はちょっとうねうねした道路やいくつかのトンネルを通って馬堀海岸ICに到着しました。

うみかぜ公園に行こうとは漠然と思っていたものの、脳内に地図を想定していなかったので、どこかで止まってスマホを見たいのにいい感じに止まれるところが少ない。そうこうしているうちに運良くうみかぜ公園が案内標識に現れ、チャンス!!と思ったら、もうそちらへ行く右折レーンには入れなかったのでした……。左折左折左折で出るぞ!という発想には慣れてきていたのですが*1、あちこち一通やらなにやらあって、悪戦苦闘しつつなんとか公園到着。

f:id:toya:20160502222841p:plain:w450

Androidアプリ「GPSロガーAndroid」で取ったログを表示したもののスクショです。完璧には取れてないですが結構うろうろしてるのがわかりますね。帰りに横横に乗るときに1つ手前の交差点でうっかり曲がってしまいそこでもうろうろしたのがうっすらわかります……。

というわけでうみかぜ公園の様子です。バイク用駐車場がちゃんとあって停めやすくて便利でした。
f:id:toya:20160502222054j:plain:w450
f:id:toya:20160502222101j:plain:w450
f:id:toya:20160502222041j:plain:w450
f:id:toya:20160502222047p:plain:w450

海に見えてるのはあの猿島でいいんだよな? 確か合ってるよな?とおそるおそるGoogleマップで答え合わせをしました(合ってた)。

*1:ちょっと前ならリカバリーのことを考えるだけでもいったん停まらないとできなかったと思う。

お花見をしてきた

https://www.instagram.com/p/BDk3TodCO5A/

↑同日にバイクに乗らずに別のところで撮影したお花見のイメージカットです

なんと3ヶ月ぶりに乗りました。寒いから乗らなかったというよりも、スケジュールの都合、土日に体調があまり良くないことが多かったなどで、無理をしないでおこう……という気持ちの方が強まった結果、なんと3ヶ月。冬向けのズボン全然はかなかったw

今日は有給休暇をとったし、天気よかったし、最高気温は20度超え、ということで放置してしまったVTR-Fさんの様子を見に行きます。バッテリー上がっていたら、押していけるバイク屋さんまで押していこう……と思っていたら今朝の夢で「山の上で故障して動けなくなった」という状況が出てきました。明らかに考えすぎですね。先日のモーターサイクルショーで警視庁女性白バイ隊クイーンスターズの人たちが言っていた「ぶたと燃料」という言葉を思い出せなくて「ぶたと真珠?ぶたに真珠?」とか混乱してきたけど、一通りチェックしました。

セル回らなくなってるのではないか?とドキドキしながらセルスターターを押したところ、一発で何事もなく始動! いやーありがたい。ごめんねごめんね、と内心謝りつつ灯火類などをチェックして、OK。久しぶりなのでおそるおそる走っていましたが、意外となんとかなるものですね。エンスト1回で済みました。

多摩川沿いと桜の名所・かむろ坂を走ってお花見をしてきました。近寄って見てはいないけど5分咲き?といった感じだったような。良い景色だったけど写真が撮れないのは残念。GoProつければ?って感じではありますがまだ車載動画に手を出すレベルじゃないので……。

かむろ坂|品川区

セルが無事だったし、あたたかくなってきたし、ちょいちょい乗っていかないとなーと思います。モーターサイクルショーでいろんなバイクを見られたのはやはり刺激になりますね。

f:id:toya:20160330214450j:plain:w500

↑VTR-F近影です

バッテリー上がりを防ぐために走る

前回走ってから1ヶ月半以上経ってしまいました。どうしても今は事故れない、乗る元気がない、天気が悪い、体調が良くない……などなどが絡んで11月の一番いい時期にツーリング行くとかできなかったな……。しょうがないと自分では納得しているものの、あっという間に寒くなってしまってさらにバイクに乗りづらい季節。バッテリー上がりが心配になってきました。いろいろ検索してみたところ、1ヶ月乗らないならバッテリーの端子外しとけ派、3ヶ月ならいけるよ派など意見はばらばら(実際、個体差や乗り方の差で変わってくると思うんですけどね)。間が2ヶ月空く前にはまとまった時間乗りたいなーと思っておりました。

今日は最高気温が16度の予報だったし、よく晴れたしで、乗るなら今日だな!と思っていました。しかし、突然の掃除の衝動やラジオ聴取などで乗り始めたのは15時過ぎ。日の入りは16時半くらいなので、17時前に戻ってくればよい、とだいたいの見当をつけておいたのですが……。

選んだ道が割と混む道で(教習所の近くなので知ってた)、かなーり長いこと一本橋+低速発進と停止の練習になってしまい、クラッチやらアクセルやら甘くなって数回エンスト。加えて寒さでクラッチ握ってるのが結構しんどい。バイク用品店でいったん休憩して、帰り道は混雑ポイントを回避するルートにしたはずが、一発で覚えられずに予想外の方向に向かってしまい、帰るべき方向はわかっているけどなかなかそっちに戻れない、という状況になってしまいました。結局走り終えたのが17時半過ぎ。バッテリーはなんとかなったと思うけど疲れた。

また気温が比較的高めの日を選んで乗らないと。グローブはいつも使っているオールシーズン用でした。首にフリースのネックウォーマー。今日のうちに美容師さんおすすめのスキースノボ用手袋を一応シートバッグにつっこんでおきました。

DEGNER(デグナー)のボディバッグを買った

www.inazumafestival.com

主にハーレーやアウトドアっぽい人のためのお買い物イベント(雑)、稲妻フェスティバルに行ってきました。バイクのおおまかな分類でいえばアメリカンが対象っぽいので、好みに合わないかも~でも眺めるのいいかも~くらいな気持ちで出かけたのですが、AVIREXでレザージャケット見て「めっちゃ値引きしてるけどやっぱり高いな……」、シルバーアクセサリーのお店見て「あっ(高級)」、アウトレット品のTシャツが安くていいなと思ったけど残念ながらサイズ合わず、みたいな感じでぷらぷら見て回れておもしろかったです。いい感じの商品は開始1時間後くらいで全部はけてしまうんですって。午後からのんびり行ったわ。

なるべくいろんな店を見てみようと思いつつ、とにかく人が多くて人に負ける。がんがん人にぶつかる(こっちがよけようとしてもだめ)し疲れてしまって、判断力が低下して、デグナーの革製のボディバッグ(アウトレット品)をお買い上げしてしまいました。公式商品ページ探してみたら正規?品は黒、ブラウン、タンしかなかったのですが、かごにあったのはオレンジ、少しくすんだ青、明るいグリーンなどなど。オレンジが明るくていいな、なんて思って一度通り過ぎ、2回目は他の製品もちゃんと手にとって見つつやっぱりオレンジいいじゃんと思い、3回目で店員さんに「ワンショルダーで使うんですかねこれ」と聞いたら「ワンショルダーでボディバッグにしてもいいし、ベルトを調整してヒップバッグっぽくも使えます」という回答が来て、ふらふらとレジに向かっていました……。くすんだブルーもかっこよかったのだけど。

布製のボディバッグ風バッグは持っていて、たまにバイクに乗るときに使っていたけど、上部を閉じるのがボタンでちょっとこころもとなく、ちゃんとしたボディバッグ(かホルスタータイプのバッグ)がほしいと思っておりました。色も気に入ったしアウトレット価格で1万円だったし。とか言い訳をしてないでさくっとバッグ身に着けて乗って出かけないとですね。どうもタイミング合わなくて1ヶ月ほど乗れていません。

↓色が3種類しかないけどこれと同じ型。
【楽天市場】ボディバッグ 本革 レザー ボディバッグ バイク バイカーズ ボディバッグ ポーチ 高級感 ボディバッグ レザーポーチ アンティーク ショルダー ウエスト バッグ ボディバッグ ラッピング プレゼント DEGNER デグナー SFW-1(タン) 送料無料:デグナー通販(レザージャケット)

VTR-F12ヶ月定期点検

5~6時間くらいかかる有料点検なので予約してね(大意)というはがきが購入店からやってきたので、電話で予約して行ってきました。乗っていってから一度自宅にバスで戻るという謎の行動。というかさすがにライジャケと膝プロテクター付きだと動きが取れなくてですね……。結局自宅からまたライジャケを手に出かけるんですけれども。

お店に持っていったら、まずお店の人が距離を確認。「あんまり乗ってないので交換するものはオイルくらいしかないと思います」と言われました。3ヶ月点検のときは300km超えてたのに1年で700km弱だもんな。もっと乗らないと駐車場代がもったいない。

17時半ころに電話で連絡をもらって引き取りに。伝票を見たら、

  • 4サイクルオイル:交換
  • スターターマグネスイッチ:交換
  • 空気圧:調整
  • ブレーキ:点検
  • 灯火類:点検
  • バッテリー:補充
  • エアーエレメント:点検
  • チェーン:給油
  • その他点検・締め付け・調整・給油
  • 洗車・ボディークリーニング

とのことでした。洗車やってくれた!ということで「普段ガレージタイプの駐車場を借りており洗車ができない、どうすればよいか」と聞いてみたところ、「フクピカで十分ですよ」とのこと。

水なし拭くだけ洗車&ワックス、フクピカ-ソフト99
いつでもどこでもサッと拭くだけ!!フクピカ|ソフト99コーポレーション

たまたま引き取りに行く前に買っていたバイク整備初心者向けの本にもフクピカを使うといいって書いてあった!

というわけで次の点検(2年点検)までまたがんばります。

VTR-Fの納車から1年経ちました

fairing.hatenablog.com

12ヶ月定期点検のお知らせはがきが届いたので行ってこなければ。というわけで納車から1年、オドメーターは684kmでした。予想よりずっとずっと少なかったなー。

  • ロングツーリングらしきものを一度もせずに終わった
  • 都内をお散歩運転するときに20kmくらい走るとかなり疲れてしまう
  • そもそも乗車回数が少ない

というのが距離が伸びない要因かなと思います。また、乗車回数が少ない理由は

  • 大事な仕事が入っている前の日は乗るのを意識的に避ける
  • 体調に不安を感じるときは乗らない
  • 疲れているときは乗らない
  • 早起きが苦手

などが挙げられます。1つ目は死ぬ確率をなるべく減らすの最たるもので、とりあえず山になりそうな仕事の前の日に死ぬとしゃれにならないので、そもそも乗らない、というのを心がけていました。まあ「死ぬ」は最悪の想定で、けがだとしても事故処理に時間がかかったり、手が動かせなくなったり、いろいろな不都合が生じる可能性が上がるわけですね。

もはやこの時点でもっとも大切なのはバイクライフではなく仕事になっていた。バイクはどうしても翌日に疲れが持ち越す。宿泊ツーリングから帰るのが日曜日だったら月曜日に持ち越すわけで、そうなると仕事に悪影響を及ぼす。また万が一手が吹き飛んだ場合、僕はこの業界で生きていけない。そうでなくとも事故で入院となるとその期間仕事が出来ない。 バイクの楽しさよりも、バイクに乗ることで発生しうるリスクの方が自分の中で大きくなってしまった。 長距離のツーリングになればなるほど、そのリスクは増す。次第に長距離のツーリングを控えるようになり、近所を少し走るだけになっていった。

これまで乗ったバイクの経歴とこれから - ┗┐<(՞ਊ՞)>┌┛

これは結構自分の中でも大きい。20代くらいからバイクに乗っていれば、40代に入った今くらいの時期は判断力や体力の低下を経験で補えると思うのですが、30代後半で免許を取った私は判断力や体力の低下とともに経験を積まないといけないわけです*1

とはいえ、気をつけて乗れば少なくとも立ちゴケを含む転倒などせずに1年経過したわけで*2。2年目は「原チャリの行動範囲を超える」を目標に乗っていこうと思います。お隣のはずの神奈川県がはるか遠くに思えます。とほほ。

*1:自分では20代後半よりは今の方が健康的な生活をしているといえるのですが、何しろ過信は禁物だし、少しずつさまざまな数値が落ちていく時期だし、周囲からも実年齢で判断されることを忘れていはいけないとバイクに乗るたびに肝に銘じています。

*2:モリワキのスキッドパッドつけたけどお世話にならずに済んでいてよかった。けどこうやって書くと近いうちにやりそう……。